シアリス20mg半分レビトラ通販おくすり王国ed 娌荤檪鏍规湰鍘熷洜銈掓不銇欏姽鏋溿伅

れびとらジェネリックオオサカ堂睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。

犀利士藥局價格 犀利士藥局價格 シリアス Ed 薬 タダラフィル 副作用報告 睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。 ED治療薬 ed娌荤檪姝e父銇埢銈嬨亾銇ㄣ亴銇с亶銇俱仚 必利勁:顯著延長性生活,支持在線購買。 睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。 シアリス薬価 睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。 シアリス 価格 れびとら購入 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。れびとら購入 れびとら供給再開 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。.

睾丸は男性の最も重要な生殖器官の1つです。睾丸の損傷は不妊を引き起こす可能性があります。睾丸の最初の機能は精子を作り出すことであり、睾丸に外傷や病気があると、男性の不妊症を引き起こす可能性が非常に高くなります。しかし、こやなぎは睾丸が原因で負傷しており、睾丸の3分の1しか残っていませんが、このような子供がいるのでしょうか?睾丸で怪我をして負傷し、睾丸の3分の1しか残っていなかった小柳は未婚の青年です。過去に睾丸が負傷したため、片側の睾丸の大きさは普通の人の1/3になりました。彼にはガールフレンドがいて、結婚について話すようになりました。しかし、私はいつも長引く恐怖を感じていました。健康な赤ちゃんを産むことはできますか?実際、Xiaoliuのような状況は必ずしも生殖能力に影響を与えるとは限りません。精巣の外傷は実際に受胎能に影響を与える可能性がありますが、それは外傷の程度と外傷の年齢に依存します。精巣が成熟している場合、精巣の発達には影響しません。負傷した側の睾丸は結果として収縮する可能性があり、それは側の睾丸の精子形成機能に影響を与える可能性があり、必ずしもその受精に影響を与えるとは限りません。睾丸の体積の80%は、精子形成の役割を担う「精子処理工場」である細管です。精巣間質は、テストステロンが生成される睾丸の体積の20%しか占めておらず、少量のテストステロンが大きな生理学的効果を発揮できます。したがって、この種のトラウマによって引き起こされる小さな睾丸を持つ患者のテストステロン産生機能が必ずしも同時に影響を受けるわけではなく、患者の性的発達は問題ではなく、結婚後のオルガスムに影響しないことを理解することは難しくありません。外傷後に睾丸の容積が縮小すると、その側の睾丸の精子形成が影響を受けます。つまり、精子の数が減少します。小柳の反対側にある睾丸は正常であり、正常な数の精子を生成することができます。前立腺と精嚢の機能は影響を受けないため、精巣と虫垂の分泌物と精子は、精液全体のごく一部しか占めません。それでも通常のレベルに維持できます。したがって、それは不妊症を引き起こすべきではありません。もちろん、結婚する前に、小柳が通常の病院の男性科学部に受診し、さらに診断を確認し、よく知ることが最善です。精巣と受精能の関係精巣の最初の機能は、精子を作ることです。睾丸によって生成された精子は受精する卵と結合します。これは、子孫の繁殖のための重要な材料基盤です。では、精巣は毎日いくつの精子を産出できるのでしょうか?精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。受精のための精子と卵子の組み合わせは、子孫の生殖にとって重要な物質的基盤であり、後者は、男性の二次性的特徴(補助的性的特徴)を維持するための重要な物質です。睾丸は初期胚期の腹腔内にあり、正確に鼠径管の内輪にあり、その後徐々に下降します。7か月目で、睾丸はすぐに鼠径管を通過して陰嚢に下降し、睾丸の上の領域は閉鎖します。睾丸が陰嚢に下降すると、水腫、水腫、精嚢胞、ヘルニアなどの不完全または不完全な閉鎖症などのさまざまな異常が発生する可能性があります。睾丸が完全に下降しないと、腹腔内または鼠径管では、「精巣下降」または「暗号テスト」と呼ばれます。睾丸が下降時に陰嚢に達しない場合、会陰、陰茎の根、大腿などに移行し、「睾丸」と呼ばれます。異所性」。睾丸の異常な位置は、精子の生産と発達の質と量に影響を及ぼしますが、それは受精を助長しません。 「小さな精巣」は必ずしも不妊の問題があるわけではありません専門家は精巣が子宮とは異なると指摘しているので、小さい子宮のために精巣が同じ効果を持つと考えるべきではありません。精巣の主な機能は精子を作り出すことであり、精子の質が十分で量が十分であれば、通常の状況では受精に影響しません。子宮は生命が生まれる場所です。子宮が小さすぎると、子宮が精液と精子を保管および輸送できなくなり、精子を取得して受胎することができなくなります。子宮の形状と体積は異常であり、子宮筋層は未発達であり、妊娠中の卵の着床と着床にはつながりません。そして、胚発生は、妊娠初期の流産、異常な胎盤の位置、および胎児の成長遅延に簡単につながります。もちろん、病理学的睾丸が小さくなると、特別な注意を払う必要があります。これらの小さな睾丸のほとんどは、精原細胞または精細管の細胞の軽度の疲労によって引き起こされます。これらの細胞は収縮し続け、精子を正常に生成できません。または、怪我をして精子を生成できません。睾丸の萎縮は小さくなります。重症の場合は不妊症を伴うこともありますが、アンドロゲンを分泌する間質細胞は関与が少ないため、一般に男性の生殖器の発達や男性側の特徴に影響を与えません。実際の臨床状況から、睾丸は深刻です不妊症につながる萎縮を見ることはまれです。専門家は、睾丸が萎縮しているか、または生殖機能障害を伴う場合、精液の顕微鏡検査のために病院に行く必要があることを示唆しています。精液1ミリリットルあたりの精子数が2000万から6000万未満で、運動機能が低下して形状が異常な場合は、不妊症と見なす必要があります。タダラフィル薬価